こんにちは、平城です。
私は2004年に会社を創業し、今年で14年目になります。


最初の2年は会社員をやりながら、
『2足のわらじ』で地盤を固め、
2年後に会社を軌道に乗せ、
29歳で独立起業を果たすことができました。

そして独立起業後
1年目は年商1500万円、
2年目は年商3,300万円・・・
(ITなのでほぼ利益)
と、倍々ゲームのように業績を延ばしていくことができたのですが・・・
同時に、悩みが増えていきました。

『この利益を、どう逃したら良いだろうか?』

と。

昔、マルサ(国税局査察部)をテーマにしたあるドラマで、
脱税をしていた女社長が、


『お金を手元に残す唯一の方法は、税金を払わないことなんだよ!』


と叫んでいたシーンが強く脳裏に残っていた当時の私。

会社の業績が伸びていく中で、

『いかに手元に多く残すか?』

ということを考えるようになりました。

当時(2010年頃)、
税引き後に蓄積された現金は3,000万円を超えていました。

事業の方も軌道に乗り落ち着いてきたので、
「いよいよ資産運用をスタートするタイミングが来た」
と思えるようになりました。

その頃私が様々と調べた結果、
「海外でビジネスと資産運用を行うことで、節税しつつ資産の運用効率も上がる」
という結論に達しました。

私はITの事業を行っていたので、
インターネットを使って海外から日本に向けて自分のサービスを提供することは、
さほど難しくありませんでした。


日本から住民票を外し、
日本の非居住者となることで、
事業で稼いだお金についてはほぼ税金を払うことなく、
資産運用についても税金の安い海外で運用することで、
効率的な運用ができる・・・



そう結論づけ『国外転出届』を提出し、
2012年4月に海外居住者となりました。


ところが、
海外での資産運用は詐欺的な案件が多く、
私もせっかく事業で稼いだ資金の大半を、
こういった案件に投じてしまいました。



海外に資産を逃がすということは、一見良い方法のように思えます。

海外に移した資金は、その国の法律にのっとって運用されます。


東南アジアなどの新興諸国は、
日本ほど法律が整備されていないため、
『抜け穴』が沢山あるように見えます。



これを安易に捉えると、
『甘い汁が吸える』と思いがちなのですが、
逆に、法律が整備されていないということは、
『資産を守りにくくなる』
という側面もあります。



自ら海外に移住し、
その国で生活をしていくのなら話は別ですが、
日本に住みながら、資産運用だけ海外で・・・

という形は、
・現地の法律がよくわからない
・何かあった時にすぐに行けない
・言葉の壁もある

ということで、資産を守りにくくなってしまいます。

現地に日本人のパートナーがいても、

『本当にきちんと対応してくれているだろうか?』

と不安がつきまといます。


結局、私は2年後に住民票を再び日本に戻し、
生活の拠点も日本に戻すことにしました。



そして再度、
日本の法律にもとづいて、
ビジネスや資産運用を着実に行っていこう、
という視点に切り替わったのです。

一度海外を知ったうえで日本を見てみると、


・銀行融資が出やすい
・各種助成金がある
・法人税は下がる傾向にある
・株式市場も悪くない



などなど、様々な良い点が見えてきました。


日本が悪いわけではなかった。
私が日本の法律を熟知できていなかっただけだ、と。



そして日本の法律を勉強する中で、
中小企業コンサルティングゆるビジ☆の田島さんが、
販売するマニュアルを発見しました。

この分野においては間違いなく
日本国内で最もわかりやすく説明されていたので、
すぐにマニュアルを購入しました。

もし私が会社を創業した2004年頃にこのマニュアルに出会っていたら・・・
あえてリスクを犯して海外での資産運用はやらなかったと思います。



そこでみなさんにも田島さんのノウハウを知ってもらいたいと、
ゆるビジ☆の田島さんと対談をしてきました。
今の私の考えは、

・払うべきもの(税金)はしっかり払う
・合法的に削減できることは徹底的に削減する

というものです。

田島さんはその方法を具体的に教えてくれます。
今回の情報は必ず抑えておいていただきたいと思います。

★税金オンチのIT技術者が、日本の法律を知り、日本国内でもお金持ちになる方法